家は建ててみないと分からない

聞いておきたい!家づくりの先輩の声「家は一雌に一度のお囲い物」。本当に家づくりというのは、「実際に建ててみなけりやわからない」ということがいっぱい・ここでは、「実際に一度家を建てた家づくりの先輩」に、これから家を建てようとされている人へのアドバイスをいただきました。私たちも、なるほどと教えられるお話も少なくありません。ぜひ参考にしてみてください。最初は、建てるつもりはなかったんです。もう宝塚に一軒、今住んでいる家を建てていましたただ三十数年前、入社五年目に、将来のためにと三田に土地を手に入れていたのですが、それはずっとそのままにしていたのです。その土地が市街化調整区域で、三田市の指導で五年以内に家を建てなさい、と。その期限が二○○三年の七月。とは言うものの、宝塚の家もまだローンが残っている状況で、またローンを組んで、というわけにもいかない。そうこうしているうちに娘の結婚が決まり、たまたまお相手の勤め先が三田の土地から近かった。それで、嫁さんの後押しもあって建てることに。退職金を充てて。業者さん選び建ててもらう業者を探しはじめたのが二○○二年の秋ごろ。まずは、有名な住宅メーカーさん二、三社を候補に。工場まで見学に行ったのですが、まず予算が合わなかった。少しあきらめかけていたのですが、とある工務店さんと話をする機会があって、プランを提案してもらうことに。業者は上手に使い分けましょう。その他の不動産関連情報は←こちらからどうぞ。

DY041_L

Comments are closed.